副業から専業アフィリエイトで稼ぐ準備と必要な知識|成果の秘訣とは?
アフィリエイトは入り口が広く、ブログなどのWEBサイトを開設すれば誰でも簡単に始めることができます。

しかし、実際に稼げる人の割合は低く、小遣い程度する稼げずに諦めてしまう人が大半です。

そんな中でも、副業としてアフィリエイトを成功させる人もいますし、専業で月100万円~1000万円程度を稼ぎ出すプロアフィリエイターが存在することも事実です。

当ブログでは、副業のおすすめとしてアフィリエイトの始め方について色々な情報を公開していますが、今回は、副業から専業アフィリエイトで稼ぐ準備と必要な知識について解説していきます。

アフィリエイトの継続はモチベーション管理が大切

アフィリエイトの継続はモチベーション管理が大切
アフィリエイトは、副業・専業問わずチャレンジする人の多くが独学からのスタートです。

誰からも強制されることなく自分の意志でスタートして、ネットや書籍で得られるアフィリエイトのノウハウを習得しながら手探りの状態で経験を積んでいくケースが殆どです。

何かを独学で進めていく場合には、正解がどこにあるのかが不明確な為、必ずと言っていいほど失敗を経験しますし、少なからず失敗を繰り返します。

スタート段階で「アフィリエイトの成功」は色々考えるのですが、安易に始めることで「アフィリエイトの失敗」を想定していない初心者は多くいます。

その結果、失敗の遭遇に対して開き直って気持ちを切り替えることができず、アフィリエイトを継続するモチベーションが維持できなくなってしまうのです。

誰からも強制されずに始めたアフィリエイトですから、諦めることも自由です。

このように、アフィリエイトのノウハウを学ぶ、かなり初期段階で簡単にやめてしまうケースが多く、これがアフィリエイトで成功できない人が大量にいる最大の原因になります。

アフィリエイトは正しいノウハウを習得しながら継続すれば、必ず稼げるようになります。

特別な能力や技術がなくても、アフィリエイトの収益化を可能にするブログの構築作業は誰でも出来ます。

したがって、折角始めたアフィリエイトを途中で投げ出してしまわない為にも、失敗や挫折を乗り越えれる柔軟な気持ちの切り替えが求められるわけです。

その為にも、失敗も想定した事前の心構えや、継続中のモチベーション管理がとても重要になります。

副業アフィリエイトと専業アフィリエイトの違い

副業アフィリエイトと専業アフィリエイトの違い
副業も専業も、アフィリエイトで成果を出す為の取り組みは基本的に同じです。

また、専業だからと言って必ずしも副業アフィリエイターよりも多い収入を稼いでいるわけではなく、副業で大きな収益化を可能にしている人も沢山います。

専業アフィリエイトと副業アフィリエイトの違いは、時間の取り方や収益化の有無で受ける影響です。

副業アフィリエイター
  • 本業の合間にアフィリエイトの作業ができる
  • 収益化できなくても本業の収入がある
専業アフィリエイター
  • 本業の合間にアフィリエイトの作業ができる
  • 収益化できなくても本業の収入がある

副業アフィリエイターの場合には費やす時間が限られますので、成果が出せるようになるまでの時間も長引く可能性はありますが、収入面では本業での保障があり、アフィリエイトの成果が出始めると二重に収入を得ることができます。

一方、専業アフィリエイターの場合には費やす時間を多くとれる分、成果が出しやすい状況を早く作れる可能性はありますが、もし成果を出せなかった時には収入の保障がありませんので無収入ということになります。

この2つの違いを見て言えることは、専業アフィリエイターを目指すのであれば、そこそこの資金力があった方が実際の生活でも気持ちの上でも安心ですし、資金力がない方は副業としての土台を築いてから専業へと移行した方が無難と言えるのではないでしょうか。

因みに私事ですが、資金力ものなく勢いで専業アフィリエイターへの道を進んだ為、スタートの1年目はほぼ無収入の状態で大変苦労した経験があります。

ただ、良いように考えれば、後戻りできない状況だったからこそ、1年程度で専業アフィリエイターとしての収益化が形になったのかもしれません。

いずれにせよ、心構えも大切ですが、やはり、出来るだけ稼ぎやすい状況を整えてから専業アフィリエイトをスタートさせる方がリスク軽減できることは間違いありません。

専業アフィリエイトを稼ぐ準備

専業アフィリエイトを稼ぐ準備
専業アフィリエイトを始めるのであれば、本格的に作業に打ち込める環境を整えて、なるべく早い段階で成果に繋げられるような準備が必要になります。

特に技術的にも精神的にも重要となるのが以下の2つの準備です。

パソコンを準備する

アフィリエイトを始める上でパソコンは絶対に必要な「物」です。

ノートパソコンとデスクトップパソコン、WindowsとMacのどちらでも良いのですが、パソコンの容量や処理能力などでアフィリエイト作業に支障のない製品が理想的です。

既にパソコンをお持ちの方が殆どだと思いますが、古すぎる製品については、かなりスペックが劣り作業に支障をきたす可能性も考えられますので、パソコンの購入を検討した方が良いかもしれません。

活動資金を準備する

専業でアフィリエイトの作業を進めていく場合でも、成果を出せるまでには、スタートから3か月~6か月は最低でも必要な期間として想定しておくことが大切です。

つまり、その間は無収入になるわけですから生活費が必要になります。

半年の生活費となれば、やはり100万円程度は必要になると思います。

この他に、アフィリエイトの成果を出していく為の初期投資となる3つの活動資金が必要になります。

アフィリエイトの初期投資
  1. レンタルサーバーの契約:15000円程度/年(必須)
  2. 独自ドメインの取得:1200円程度/年(必須)
  3. ブログテンプレート:0円~(任意)

任意のブログテンプレートは無料で利用できるものから、SEO対策が施された有料のものまで色々選択できます。

有料版の価格は1万円~3万円程度になりますので、アフィリエイトで必要となる初期投資は5万円もあれば十分ということになります。

因みに、副業アフィリエイトの場合には生活費の準備が必要ありませんので、この初期投資の5万円で活動資金の準備はOKです。

専業アフィリエイトで必要な知識

専業アフィリエイトで必要な知識
アフィリエイトで必要な知識は副業も専業も同じですが、成果が急がれる専業アフィリエイトでは最低限の知識を出来るだけ早い段階で万全にしたいものです。

専業アフィリエイトに必要な「知識」
  • アフィリエイトの基礎
  • ブログの作り方
  • ブログのデザイン
  • SEO対策
  • WEBマーケティング
  • WEBライティング

特に、SEO対策について全くの知識がないままアフィリエイトを進めてしまうと、ブログの検索順位が上がらず成果が全く出せない状況を招く可能性があります。

関連書籍で基本的な知識を一通り学んだり、ライバルブログを参考に自分のブログと比較してみたりすることは、知識を習得して実践で生かしていく為にとても大切になります。

専業アフィリエイターにもおすすめしたい書籍は、SEOで効果的なライティングとマーケティングが学べる以下の2冊です。

この2冊はSEOのプロである「WEBライダー」の松尾さんが手掛けた書籍で、専業アフィリエイターとして更なるステップアップを目指す上でとても役立ちます。

漫画のような形式で読みやすく、WEBライティングとWEBマーケティングの中級者以上を目指せる内容です。

また、「WEBライダー」はSEO対策の施されたテンプレートである「賢威」を手掛けている事でも有名です。

賢威では、テンプレートを購入することで300ページ近いSEOマニュアルも付属されてきます。

当ブログも賢威7を利用していますが、テンプレートの品質も一流ですが、このSEOマニュアルもとても実践に役立つ一流品であると実感しています。

興味ある方は、是非、参考にしてみて下さい。

アフィリエイトのスキルアップは実践あるのみ

アフィリエイトのスキルアップは実践あるのみ
ネットや書籍からの情報収集もアフィリエイトを成功させる上ではとても重要になりますが、情報収集だけに終わりノウハウコレクターになってしまっては本末転倒です。

やはり、積極的に実践に活かしながら、自らの経験値を上げていく事こそが、アフィリエイトの早い成果の現れに繋がっていきます。

アフィリエイトで成功を目指す強い意志と最低限必要な「物」と「知識」が揃ったら、後は実践でスキルアップしていきましょう。

繰り返しますが、失敗は必ず少なからず繰り返します。

しかし、アフィリエイトはブログを構築していく事で、自分の為に稼いでくれるツールが徐々に形になり、継続と共にスタートの段階とは異なる成長が確実に感じ取れるようになります。

知識や技術面が向上してくるにつれて、出来ることも多くなり、更にアフィリエイトの面白さが増してきます。

アフィリエイトの継続は楽ではありませんが、ブログを作り込むほどに充実感と共に、成果の現れとしてネットからの自動収入が稼げる優れた個人ビジネスです。

とにかく、自己管理をしながら、ひたすら実践経験を磨いていきましょう。

まとめ

アフィリエイトは作業に没頭できる人ほど早い成果に繋がっていきます。

準備を整えてスタートさせたら、最初は質より量が成果への早道です。

兎に角、手を動かしてブログを更新させることで、稼げる媒体としての形が作られていきますし、その工程で気付きも多く得ることができます。

そして更に気付いたことを実践で生かす。

出来ることは躊躇うことなく、全て行動に移すことが大切です。